LINEモバイル

LINEモバイルへの契約、ちょっと待った!後悔しないように注意点・デメリットを把握しておこう

投稿日:2016年9月5日 更新日:

LINEモバイル 注意点

おおかみくん
LINEモバイルに今すぐ契約っと

ひつじくん
ちょっと待ったー!!LINEモバイルに契約する前に、しっかり注意点を確認しておかないと

格安SIMの「LINEモバイル」がついに遂にデビューしましたね!

流石はLINEが運営する格安SIM(MVNO)というだけあって、LINEを始めとするSNSが使い放題になるプランが導入されています。SNSの通信量が多い人にはこれは見逃せないサービスですよね〜。

早速契約したい人も多いかと思いますが、LINEモバイルに乗り換えをする前に注意点(デメリット)を確認しておきませんか?

具体的には以下のようなデメリットが挙げられます。

LINEモバイルのデメリット

  1. 通信速度が大手キャリアより落ちることがある
  2. キャリアメールが使えなくなる
  3. かけ放題が使えなくなる
  4. テザリングが一部使えない
  5. 1年縛り&違約金がかかる

乗り換えてから「LINEモバイルにしなきゃよかったー!!」と後悔しないためにも、きっちりとデメリットを把握しておきましょう。

格安SIM「LINEモバイル」のデメリット&注意点

LINEモバイルのデメリット

LINEモバイルはdocomo回線のみ!(au/SoftBankはSIMフリーが必要)

LINEモバイルはSIMフリー化が必要

ひつじくん
LINEモバイルにはdocomo回線しか用意されていないから、auスマホ/SoftBankスマホはSIMフリー化しないといけないよ!

LINEモバイルはdocomo回線のみの提供となっています。

docomoスマホ・SIMフリースマホを持っている人はそのままLINEモバイルを使うことができるのですが、auスマホ/SoftBankスマホを持っている人はSIMフリー化が必須で、SIMフリーにしないとLINEモバイルを使うことができないんです。

そのため、au/ソフトバンクスマホの方は、事前にSIMフリー手続きをしておきましょう。SIMフリー化はショップか公式サイトから行えるようになっています。

auスマホをSIMフリーせずに使うならmineo(マイネオ)がおすすめ

mineoの満足度

「auスマホをそのまま使いたい!」という人はmineo(マイネオ)のほうがオススメです。

mineo(マイネオ)ならdocomo回線だけではなく、au回線も揃っているので、auスマホをそのまま使いたい人にはこちらのほうがオススメです。

フリータンクで1GB毎月もらえたり、マイネ王で手厚いサポートが受けられたりと初心者にも心強い格安SIMとなっていますので、au系格安SIMをお探しならmineo(マイネオ)をチェックしてみてください!

LINEモバイルの通信速度はdocomo/auより落ちる場合も

LINEモバイルの通信速度が落ちる

ひつじくん
これはすべての格安SIMに共通のことだけど、LINEモバイルの通信速度は大手キャリアよりも少し劣るんだ。
おおかみくん
じゃあちょっとネットが遅いってこと?
ひつじくん
いや、現段階では利用者も少なくて爆速なんだけど、今後の展開次第では速度が落ちてくる可能性もあるね。

LINEモバイルをはじめとする格安SIMは、通信速度が大手キャリア(docomo/au/SoftBank)よりも落ちる傾向があります。

普段使っている分には全然わかんないんですけど、回線が混み合うお昼休みの時間帯には、通信速度の遅さが実感されることが多いですね。

なぜそんなことになるのかといえば、LINEモバイルはdocomoから通信回線を借りて通信サービスを提供しているからです。そのため、大手キャリアと比べると回線が混み合った時の対応能力が低く、通信速度が遅くなってしまうのです。

ただ、現状では利用者が多くないので通信速度の低下は全く感じませんむしろお昼休みでも20Mbpsを記録することもあるほど爆速なのですが、今後の展開次第では混雑してくる可能性もあります。

おおかみくん
今のところは爆速だけど、他のSIMみたいに混雑してくる可能性があるってことか。それくらいなら許容範囲かな!

キャリアメールが使えなくなる

キャリアメールが使えないLINEモバイル

ひつじくん
LINEモバイルにすると今まで使っていたキャリアメールが使えなくなってしまうんだ

大手キャリアを解約するため、キャリアメール(@ezweb.ne.jp、@docomo.ne.jp、@SoftBank.ne.jp)が使えなくなってしまいます。

今はLINEでのやりとりが主流になっているので困ることは少ないと思いますが、今後メールを使う場合は「Gmail」「Yahooメール」などのフリーメールに変える必要があります。

おおかみくん
俺の場合はLINEでのやり取りがメインだし、キャリアメールがなくなってもあんまり困らないかもな!

Android(大手キャリア版)ではテザリングが使えない

ひつじくん
大手キャリアのAndroidスマホは、LINEモバイルに乗り換えるとテザリングが使えなくなるから注意してね!

LINEモバイルに乗り換えると、大手キャリアのAndroidスマホはテザリングを使えなくなってしまいます。たとえSIMフリー化したとしても、大手キャリア版では使えないのでテザリングが注意です。

しかし、iPhone(大手キャリア版/SIMフリー版)やAndroid(純SIMフリー版)ならテザリングできます。

もしもAndroid(大手キャリア版)でテザリングをしたいなら、mineoのようなau系SIMを利用するか、新しい格安スマホを購入するといった選択肢を考えていただけるといいと思います。

LINEモバイルテザリング
iPhone(SIMフリー)可能
iPhone(大手キャリア版)可能
Android(SIMフリー版)可能
Android(大手キャリア版)不可能

かけ放題が使えない(通話料が高くなる?)

かけ放題が使えないLINEモバイル

ひつじくん
LINEモバイルに乗り換えるとかけ放題が使えなくなるから、通話が多い人は注意したほうがいいね。

大手キャリアだと電話の「かけ放題プラン」も選べましたが、LINEモバイルにはかけ放題プランはありません。

LINE電話がメインの人には関係ないかもしれませんが、これまで仕事などで「電話」をたくさん使っていた方は注意です。LINEモバイルでの通話は20円/30秒(1時間2400円)の料金がかかりますからね。

おおかみくん
え、1時間2400円って高すぎない!?
ひつじくん
でもこの料金は楽天電話を使えば半額に抑えられるから、そんなに心配はないよ。
楽天でんわ -番号そのままで通話料がお得-
カテゴリ: ユーティリティ
現在の価格: 無料

ビジネス、レストラン予約、急ぎの電話などLINE電話では対処できない場合もありますよね。そんな時は楽天でんわのアプリを経由して電話することをおすすめします。

普通なら20円/30秒の料金がかかってしまいますが、楽天でんわのアプリを経由すれば10円/30秒の料金で済むということです。しかも相手には普通の電話と同様に通知されるので、ビジネスシーンなどでも失礼はありません。

さらに通話料は使った分だけになるので、むしろ安くなる可能性もあります。大手キャリアではかけ放題(2700円)やカケホライト(月1700円)に半強制加入させられますが、LINEモバイルでは自分の必要な通話料しかかかりません。

おおかみくん
なるほど!通話料は使った分だけだし、10円/30秒だからそんなに高くならないんだな!
ひつじくん
そうだね!2時間以上電話する人でもない限り、ラインモバイルの方が大手キャリアより通話料は安くつくよ!

そのため、2時間以上電話しちゃうという人以外は、LINEモバイルで通話料まで安くできるというわけですね!

LINEモバイルには1年縛り&違約金がある(通話SIM)

ひつじくん
音声通話プランの場合、契約1年以内に解約すると9500円の違約金がかかるから気をつけてね。
おおかみくん
つまり1年縛りがあるってことか。

LINEモバイルには1年間の最低利用期間があります。最低利用期間は利用開始日から起算し、利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日までとされています。(なので厳密には最大13ヶ月ですね。

この期間中にLINEモバイル(通話SIM)を解約すると9500円の違約金が発生します。なので、通話プランを契約される際には慎重に契約をするようにしましょうね。

おおかみくん
でも1年くらいなら契約を続けると思うし、これも俺は大丈夫かな!

LINEモバイルのデメリット・注意点 まとめ

LINEモバイル 注意点
ざっとまとめるとLINEモバイルのデメリット・注意は以下のとおりです↓

LINEモバイルのデメリット

  1. 通信速度が大手キャリアより落ちることがある
  2. キャリアメールが使えなくなる
  3. かけ放題が使えなくなる
  4. テザリングが一部使えない
  5. 1年縛り&違約金がかかる

これらをちゃんと把握した上で、LINEモバイルに乗り換えるようにしましょうね!

ちなみによく誤解されますが、今まで使っていたスマホアプリが消えたりすることはありません。これまでスマホを使って行く場合は、データはそのまま残りますのでご安心ください!

おおかみくん
そんなに大したデメリットはなかったな!でもどうやって乗り換えるんだろうか?
ひつじくん
じゃあ、乗り換え方法についてこれから詳しく説明させてもらうね!

LINEモバイルのデメリットが把握できたところで、ここからは乗り換え作業に移っていきましょう。

格安SIMへの乗り換えはなんだか難しそうと思っているかもしれませんが、意外とそうでもないのです。

むしろ乗り換え方法は初期設定まで含めてもたった4stepで完了します!その方法について、以下でザックリと説明させていただきますね!

LINEモバイルに乗り換え(MNP)する方法は?

linemobile_1_logo

LINEモバイルの乗り換え手順

LINEモバイルのMNP手順

  1. MNP予約番号を入手する
  2. LINEモバイルに契約を申し込む
  3. ネットワーク設定をする
  4. MNP転入切替をする

※は新規電話番号で乗り換える場合は不要

電話番号そのまま乗り換え(MNP)の手順は上に示したとおりです。少し難しそうに感じるかもしれませんが、初期設定も含めてこの4stepに収まっていますので、意外と簡単にすませられるでしょう!

乗り換えにかかる時間としては、SIMの到着する時間を考慮すると2〜3日程度です。

詳しいMNP乗り換え方法につきましてはこちら【超まとめ】LINEモバイルにMNP乗り換えをする方法は?にまとめていますので、こちらを参考にして乗り換えを進めてみてくださいませ!

まとめ

linemobile_1_logo

LINEモバイルのデメリット

  1. 通信速度が大手キャリアより落ちることがある
  2. キャリアメールが使えなくなる
  3. かけ放題が使えなくなる
  4. テザリングが一部使えない
  5. 1年縛り&違約金がかかる

LINEモバイルの注意点&乗り換え方法についてお話しをしました。

大手キャリアから乗り換えて不便になることって、ぶっちゃけかなり少ないです。LINEモバイルは通信速度にも定評がある格安SIM(MVNO)なので、キャリアメール・テザリングなどの注意点を把握しておけば、正直ほぼ困ることはないかと思います。

乗り換え方法はこちら【超まとめ】LINEモバイルにMNP乗り換えをする方法は?にまとめたとおり、4stepだけなのでとっても簡単ですよ!この機会にぜひLINEモバイルにチャレンジしてみてくださいませ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

    この記事を保存しておく

▶︎この記事をシェアしませんか?

キャンペーン情報

-LINEモバイル

Copyright© 【mineo×iPhone】マイネオの評価/評判|乗り換え方法と注意点は? , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.