HUAWEI nova

【徹底比較】HUAWEI novaとZenFone3はどっちがおすすめ?

投稿日:2017年2月24日 更新日:

huawei nova zenfone3

おおかみくん
HUAWEI novaとZenFone3ってどっちも人気だけど、何がどう違うんだ?

HUAWEI novaとZenFone3は、どちらも3万円台後半の準高級スマホで、手軽に良いスマホを持ちたいという人にこそおすすめできるスマホです。

この2種のスペックの違いがいまいちよくわからないという人もいるのではないでしょうか?

ひつじくん
じゃあ今回はnovaとZenFone3の違いを簡単にまとめてみるよ!

そこで当記事では、HUAWEI novaとZenFone3の違いを簡単にまとめてみようと思います。まずは比較表を使って2者をザッと比較してみましょう!

【徹底比較】HUAWEI novaとZenFone3どっちがおすすめ?

huawei nova zenfone3

スペック比較HUAWEI novaZenFone3
OSAndroid6.0Android6.0
ディスプレイ5.0インチ5.2インチ
ボディ背面アルミボディ両面ゴリラガラス
解像度1920×10801920×1080
CPUSnapdragon 625
オクタコア(2.0Hz×8)
Snapdragon 625
オクタコア(2.0Hz×8)
RAM(メモリ)3GB3GB
ROM(ストレージ)32GB32GB
カメラ性能背面:1200万画素
前面:800万画素
背面:1600万画素
前面:800万画素
レーザーAF対応
バッテリー3,020mAh
急速充電
2,650mAh
付加機能指紋認証
デュアルSIMスロット
DSDS
USB-C
指紋認証
デュアルSIMスロット
DSDS
USB-C
価格37,980円39,800円

HUAWEI novaとZenFone3のスペック比較です。正直言ってほとんど似たようなスペックですね。

どちらもCPUはSnapdragon 625(オクタコア)なので処理能力は抜群に良い水準ですし、メモリは3GB積んでいるので処理オチもしにくい仕様になっています。画面はフルHDで美しいディスプレイに仕上がっています。さらに、指紋認証はもはや当然のようについていますね。

その際たる違いがあるとすれば、「ボディの仕様」「カメラ性能」「バッテリー」といったところでしょうか。

HUAWEI novaは大容量バッテリー&急速充電が魅力

HUAWEI nova

これがHUAWEI novaの優れたポイントは、長持ちなバッテリーですね。

HUAWEI novaは3020mAhの大容量バッテリーを備え付けており、電池持ちは非常に安心感がありますね。ライトユーザーなら2〜3日、ヘビーユーザーでも1日しっかり電池が持つような性能になっています。

おおかみくん
電池が長く持つのは嬉しいな!
ひつじくん
しかも充電も早いから、ゲームとかで電池を酷使するような人にもおすすめできるね!

しかも急速充電にも対応していますので、電池を使い切ってもすぐにフル充電に戻すことが可能です。スマホゲームなどでバッテリーを酷使する人にはこのHUAWEI novaはかなり相性がいいですね!

ZenFone3はカメラ性能&ガラスボディが魅力

スクリーンショット 2017-02-24 20.58.15

ひつじくん
ZenFone3はカメラ性能が抜群に優れてるのがいいところだね!

一方カメラ性能で言えば、ZenFone3の圧勝です。

ZenFone3は1600万画素の背面カメラを搭載しているため、画質的にはかなり優れています。さらに「レーザーオートフォーカス」という機能も付加されており、最速0.03秒でのフォーカス(焦点一致)ができるので、シャッターチャンスを撮り逃すことも少なくなりますね。

おおかみくん
写真好きならZenFone3の方が良さそうだな。
ひつじくん
あと、両面ガラスボディで高級感があるのもポイントかな!

また、ZenFone3のボディには両面ゴリラガラス3(強化ガラス)が採用されており、アルミボディとは一味違う高級感があります。イメージとしてはiPhone4sのような質感ですね。

ガラスかアルミかは好みが分かれる点かもしれませんが、ガラスボディの質感が好きな人なら間違い無くZenFone3の方がおすすめでしょう。

HUAWEI nova/ZenFone3が安い格安SIM(MVNO)は?

スライス-1

ここで、HUAWEI nova/ZenFone3が安く手に入るMVNOを紹介しておきましょう。申し込むMVNOによっても格安スマホの価格はかなり変わってきます。

mineo/UQmobile/楽天モバイル/IIJmioなど、いろんなMVNOで販売されていますが、そのなかでもキャッシュバックが多くておトクなのが「NifMo」と「BIGLOBE」です!

NifMo:最大20,000円キャッシュバック!

nifmo(ニフモ)

nifmo

  1. 通信速度が安定して速い傾向にある
  2. 「NifMoでんわ」なら1300円でかけ放題!
  3. 「データ繰越」で余ったパケットを繰り越せる
  4. 初月料金が無料
  5. 有料WiFi(BBモバイルポイント)を無料で使える
  6. スマホセット割で2年間200円割引(合計2400円)
  7. 不通期間なしで乗り換えができる

NifMoはユーザーが増えても比較的速い通信速度を保ってくれるので、通信品質の心配が少ないのは大きなメリットです。

また「NifMoでんわ」というIP電話サービスを使えば月1,300円の料金でかけ放題を利用することができます。発信する電話番号が050から始まるものにはなってしまいますが、どれだけ電話をかけても通話料がかからないので、電話を多く使う人にはとてもおすすめできます。

さらに、NifMoを利用しているというだけで、有料のセキュリティWiFi(BBモバイルポイント)が使い放題になるのも大きな魅力です。これを使えば、屋外でも大きく通信量を節約できることが期待できますね!

もちろん、他の格安SIM(MVNO)にもあるように「データ繰越」で余ったパケットを翌月に繰り越せますし、不通期間もなく乗り換えることが可能です!

BIGLOBE SIM:最大19,600円キャッシュバック!

BIGLOBE

biglobeの料金表

  1. 6GBプランが業界最安
  2. 通話料金を格段に安くできる
  3. 通信速度はそこそこ速い
  4. 「データ繰越」で余ったパケットを繰り越せる
  5. シェアSIMを利用できる
  6. 有料WiFiスポットが無料に(6GB以上のみ)
  7. 不通期間なしで乗り換えができる

BIGLOBEの魅力は通信料だけでなく、通話料も安くなるという点です。

BIGLOBEでは「BIGLOBEでんわ」のアプリに1時間無料通話(月650円)をつけることができます。さらに必要とあれば、3分かけ放題(月650円)、5分かけ放題(月850円)のオプションも付けられます。このようにして、通話時間の長い人でも安く使えるのがBIGLOBEの魅力ですね。

また6GBプランは業界最安値となっており、大容量を使う人にとっては特におすすめできる格安SIMですね。対して小容量は料金的には他社よりも大きく安いわけではないですけれども、通話料を安くしたい人ならBIGLOBEを選ぶメリットはあります。

さらに「シェアSIM」で家族とデータ量シェアして安く使えたり、全国86000カ所の「セキュリティWiFi」が使い放題になるというのも非常に嬉しいポイントですね。

まとめ

huawei nova zenfone3

比較の結論

  1. 電池持ちを重視するなら「HUAWEI nova」
  2. カメラ画質/ガラスボディを重視するなら「ZenFone3」

HUAWEI novaとZenFone3のスペック比較&安く買えるMVNOのまとめでした。結論としては、以上の通りです。電池持ちを最優先させるならnovaを、カメラ画質やボディ質感を重視するならZenFone3を選びましょう。

おおかみくん
俺なら電池持ちのいいノヴァを選ぶかな!
ひつじくん
僕ならガラスの質感を重視してZenFone3だねぇ

HUAWEI nova/ZenFone3を最も安く買えるMVNOは「NifMo」と「BIGLOBE」で、このどちらかで入手するのが最もお得かと思います。mineo(2400円値引き)やIIJmio(4800円値引き)や楽天モバイル(3180円引き)で買うよりもおトクなんですよね。

個人的にはNifMoの方が元々の本体価格が33,334円と安く、キャッシュバックも受け取りやすいのでおすすめですね。通信品質も比較的優れている格安SIMなので快適に使っていくことができるでしょう。

おトクなキャンペーン期間の終わらないうちに、ぜひお得にスマホをゲットしてしまいましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

    この記事を保存しておく

▶︎この記事をシェアしませんか?

キャンペーン情報

-HUAWEI nova

Copyright© 【mineo×iPhone】マイネオの評価/評判|乗り換え方法と注意点は? , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.