iPhone8

iPhone8にAppleCareをつけるべき?料金と保証内容は?

投稿日:2017年5月4日 更新日:

applecare

iPhone8がもう発売ですねー!さっそく購入を検討している人も多いのではないでしょうか?

でも、購入する上で迷うのが「AppleCare」のことだと思います。

いざiPhone8が壊れた時に役立つAppleCareですが、本当につけておいた方がいいのでしょうか?

おおかみくん
そうそう。アップルケアってつけるべきなのか?
ひつじくん
2年以上使うなら、AppleCareはつけておいた方がいいかもしれないね!

新品のiPhone8を落として壊した日には、ショックで立ち直れませんよね。。

そんな時にAppleCareの保証に入っておけば、少額で修理が受けられるので大変心強いと言えます。

ただ、AppleCareは加入にはそれなりに費用がかかります。

そこで、本当にAppleCareは必要なのか、詳しく検討をしてみることにしたいと思います!




iPhone8|AppleCareの料金と保証内容は?

applecare

iPhone8にAppleCareは必要なのかを検討していきますね。

まずは、以下の2つについて考察をしていきます。

AppleCareの内容

  1. AppleCareの料金
  2. AppleCareの保証内容

AppleCareの料金

まずはAppleCareの料金について知っておきましょう。

新品(購入後30日以内)のiPhoneは、14800円を支払うことで「AppleCare+ for iPhone」という保証に入ることができます。

おおかみくん
14800円はなかなかいいお値段だな。。
ひつじくん
たしかに安いとは言えないかもだけど、修理に関する心配はぐっと減るね!

AppleCareには14800円はちょっと高く感じるかもしれません。

しかし、AppleCareの保証に入っておけば、購入後2年間は過失や事故による損傷であっても少額の料金で修理サービスを受けることができます。(最大2回まで)

これは果たしてお得なのでしょうか・・・?

それを知るために、さらにAppleCareの保証内容についても詳しく見ていくことにします。

Apple Careの保証内容

applecare 保証内容

iPhoneの画面修理

出典:Apple公式ホームページより

iPhoneの故障で一番ありがちなのは「画面割れ」ですよね。

保証に入っていないとiPhone8の画面修理には17800円、iPhone8 Plusの画面修理には19800円の料金がかかってしまいます。

しかし、AppleCareに入っていれば、もし過失や事故で画面を破損させた場合でも3400円の料金で修理ができます。

おおかみくん
1万円以上安く画面修理ができるのか!
ひつじくん
そうだね!ただ、画面修理は1回画面修理をすればほぼ元を取れる計算だね。

画面修理は1回17800円からなので、AppleCare(14800円)に入っておけばほぼ元を取れてしまいます。

iPhone8の画面を割ってしまうことが1度でもありそうなら、AppleCareに入っておくことは検討してもいいかもしれませんね。

iPhoneの本体修理

iPhone 本体修理

iPhoneの修理の中でも一番高いのが「本体修理(その他の修理)」です。

本体の歪み・ホームボタンの修理・液体による損傷などが生じた場合には、保証外だと39800円もの料金がかかってしまうんですよね。iPhone8 Plusは43800円とさらに高いです。

しかし、AppleCareに加入していれば、11800円(約3分の1の価格)で修理ができます。この保証を1回使えば、優に元を取れてしまいますね。

おおかみくん
これは確かに心強いかも・・。
ひつじくん
ただ、iPhone8は防水防塵だし、物理ホームボタンも存在しないから故障はしにくくなっているよ!

ただし、iPhone8なら防水防塵なので水没故障の心配はないし、物理ホームボタンが壊れるといったトラブルもありません。そのため、いままでのiPhoneよりは故障自体が起こりにくくなっています。

それでもなんらかの原因でiPhone8が壊してしまった時には、かなり高い料金になってしまいます。たとえば、高いところから落として内部破損したような場合や、本体が歪んでしまったような場合ですね。

そういった保証が心配なら、迷わずAppleCareに入っておく方が安心できるでしょう。

iPhoneのバッテリー交換

ちなみに、AppleCareは「iPhoneのバッテリー交換」も保証してくれます。

iPhoneを検査してバッテリーに問題があった場合(バッテリーの蓄電容量が本来の80%未満に劣化している時)には、AppleCareに入っていると無料でバッテリー交換を実施してくれます。

対して、AppleCareに入っていないと保証対象外となってしまいますので、8800円の料金がかかってしまいます。(購入後1年以内に明らかなバッテリー劣化があったら無料保証。)

おおかみくん
つまり、バッテリー交換すれば半分は元が取れるってことだな。
ひつじくん
そういうことだね!

iPhoneを1年半も使っていると、バッテリー劣化は気になってくるかもしれませんよね。特にスマホをよく使う人はそうだと思います。

そういった人は、AppleCareに入っておけばお得かもしれません。

バッテリー交換が無償で受けられる上に、壊れた際には保証してくれるのですから、まさに一石二鳥といったものでしょう。

付属品まで保証してくれる

意外と知られていませんが、「iPhoneの付属品」はAppleCareの保証範囲内なのです。

ひつじくん
AppleCareでは「イヤホン」や「充電ケーブル」といった付属品を保証してくれるんだよ。
おおかみくん
むむぅ。付属品保証も地味ながら嬉しいな。

もし自身の過失で付属品が壊れた場合でも、AppleCareに入っていれば保証してくれるのです。(AppleCareなしでも、自然故障なら1年以内は無料。)

たとえば「ケーブルが断線してつかえなくなったー」「イヤホンが壊れてしまったー」というときでもApple Careに入っていれば無料で交換をしてくれるので、Appleに相談してみましょう。

純正の充電ケーブルって買い換えるとなると2000円以上と地味に高くつきますので、この保証は地味にありがたいですね。

iPhone8はAppleCareに入るべきか?

では、結論です。

AppleCareに入って得する人・損する人をザッとまとめてみました。

AppleCareに入って得する人

AppleCareに入って得する人

  1. 画面を1回割る自信がある
  2. 本体修理が怖い
  3. バッテリー交換をする予定がある
  4. 付属品を壊しやすい
  5. 安心感が欲しい

AppleCareは14800円と料金は高いですが、これによって付与される安心感は大きいです。

画面割れや故障にびくびくしたくない人は、素直に保証に入っておいた方がいいかもしれませんね。

AppleCareに入って損する人

AppleCareに入って損する人

  1. 加入料14800円を払いたくない
  2. 画面は1回も割らない自信がある
  3. そもそもiPhoneを壊したことが少ない
  4. 1年に1回のペースでiPhoneを買い換える
  5. 安心感は買わなくてもいい

逆にiPhoneを壊さない自信がある人は、特にAppleCareに入る必要はないと言えるでしょう。

もし壊したとしても、画面割れ1回だけなら17800円でも修理ができますので、大きく損失はしないです。本体修理にならない限りは大丈夫ですね。

iPhone8は防水防塵だし物理ホームボタンもないし、壊れる要素は少なくなってはいますので、壊れない方に賭けるなら保証には入らなくていいでしょう。

まとめ

applecare

iPhone8はAppleCareに入るべきなのかについて、まとめさせて頂きました〜。

新しいiPhoneを買う時って、やっぱり毎回迷いますものね(笑)

結局、保証で買える大きな要素は「安心感」なので、そこを重視して決めるのがいいでしょう。

おおかみくん
おれは安心感ほしいから、保証には入っておくかな。
ひつじくん
僕はしょっちゅう買い換えるし、保証はいらないかも・・・(笑)

ちなみにiPhone8にAppleCareをつけたいなら、販売店(AppleStore・大手キャリア等)で「AppleCareつけたいです!」というだけでOKです。

もし忘れた場合でも、購入後30日以内なら保証に入れますので、後悔したくない人はつけておくべきでしょう。




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

    この記事を保存しておく

▶︎この記事をシェアしませんか?

スポンサーリンク

-iPhone8

Copyright© 【mineo×iPhone】マイネオの評価/評判|乗り換え方法と注意点は? , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.